アンミオイル使い方

アンミオイルの使い方って?どの位の量つかうの?

アンミオイルの使い方

 

アンミオイルのお試しってちょっと量が少なくない?

 

最初わたしもそんな感想を持ったんですが、使い方がわかったらけっこう使えるんだなってことが分かりました。

 

顔全体に伸ばすのに大体4滴くらいですんでしまうし、その後いぼとかシミとか
それにニキビあとなんかの気になっているところに重ねづけする分が2〜3滴。

 

たったこれだけの量でOKなんですよね。

 

 

つけるのは洗顔後の化粧水の後が基本です。

 

オイルって、わりとべたつくものが多いと思うんですけど
アンミオイルはさらっとした感触なんです(オイルのくせに・笑)

 

どうやら、アンミオイルっていうのはオイルなのに水と混ざり合う親水性を備えているのも特徴のようで、さらっとするのはこのおかげみたいです。

 

これだけでお肌はしっとりしますし、うすくベールのようにカバーしてくれるので乾燥しずらくなり、紫外線からもカバーしてくれるんです。

 

 

その後、気になる箇所への重ねづけをするときは指先で回すようにマッサージしながらつけます。

 

この時の注意点は、こすらないように、かる〜くマッサージすること。

 

 

じゃないと、肌が刺激されて逆効果になっちゃいますから。

 

 

お勤めなど、外出前だったらアンミオイルは化粧下地+日焼けどめになってくれるので、上からファンデをつかえばそれでOKです。

 

 

もちろん、就寝前でしたらつけたまま寝れば翌日のしっとり肌に驚くこと請け合いです♪

 

しかも、アンミオイルって美白効果もあるそうなので、かなり期待しちゃいますね。

 

手軽にお試しできますよ♪
>>>首や顔のツブツブがポロリっ!!今だけお試し980円


関連ページ

イボ取りマッサージの仕方はちょっと違います
アンミオイル(で首のポツポツ、老人性イボをケアする場合は使い方にコツがいるようです。 さらに効果的になる使い方も紹介!