首イボ(老人性いぼ・角質粒)の治療

首イボを医療機関で治すとしたら・・

病院で首イボ治療

 

首のぽつぽつ=角質粒は老人性イボなんて言われ方もします。
なんかとっても嫌な呼び方です。“老人性”ですよ!?

 

この首イボは、皮膚科、外科、成形外科、美容整形といった病院でとってもらうこともできるそうです。

 

実際に医者に行った人の体験だと、1箇所5千円くらい払った方もいるみたいです。

 

そんなにかかるの?ってちょっとビックリしました。

 

他にも保険適用だから安いという声もありましたが、それでも1回病院いけば3千円くらいはかかるでしょうから、それなりには費用がかかると思います。

 

施術方法によってもおそらかなり違ってくるのでしょうね。

 

イボをとる処置には、レーザー、ハサミ、液体窒素などがあるようですが、チクチクとした痛みや、治療後の出血やらがあり
一番困るのが、そのあと首まわりが絆創膏だらけになっちゃうところです。

 

絆創膏だらけになっても構わないって人だったら、もともとあまり首イボを気にしてないんじゃないかと個人的におもうんですけどね(笑)

 

やっぱり個人的にはアンミオイルでセルフ・ケアするのが良いなぁと思います。

 

万一化膿したりするのもイヤですしね。

 

アンミオイルが今だけ980円!>>首や顔のイボを自宅で簡単ケア♪


関連ページ

うなじのポツポツ首筋のぶつぶつはニキビ?おでき?イボの正体と治し方
うなじにポツポツ、首筋にぶつぶつ気になるデキモノの正体はニキビ?おでき?いぼ?マラセチア?いままで治らなかったなら試してみる価値あり!